マイルド アミノ酸系シャンプー

マイルドなアミノ酸系シャンプーの特徴は?

シャンプーでもアミノ酸系シャンプーは数が増えてきました。ヘアケアにも効果的ですし、頭皮のケアにも最適です。頭皮の臭いや脂性のケアに良いのは頭皮にダメージを与えにくいという点です。

 

アミノ酸系というとアミノ酸系洗浄成分にプラスして補助成分で高級アルコール系などの成分が配合されていることもあり、非常にアミノ酸系シャンプーというのは種類が多いです。

 

 

マイルドなアミノ酸系シャンプーの種類

頭皮 油 シャンプー

 

実際には高級アルコール系の洗浄成分なのに、少し刺激緩和目的でアミノ酸系洗浄成分が使用されている場合でもアミノ酸系と呼ばれてしまったりするので、しっかり成分が把握できるようにシャンプーの成分を書籍とかで見てみると参考になります。

 

アミノ酸系洗浄成分の主な使用感は?

アミノ酸系洗浄成分は数種類あり、新しい成分も出てきています。

 

主流のアミノ酸系洗浄成分でもグルタミン酸やアラニンなどで構成されているシャンプーも増えてきておりサロン仕上がりのシャンプーとして認知はされています。

 

アミノ酸系シャンプーの使用感としてシットリ感があるため女性向けの印象があります。

 

 

 

アミノ酸系シャンプーの使用感

頭皮 油 シャンプー

 

もちろん男性用も多くありますが、サッパリ感が好きな方には、洗い上がりにスッキリ感を感じないため、一度使うと違うシャンプーを使用したくなるかもしれません。

 

ただ頭皮や髪など細かく分けるとカラーリングやパーマ後の髪にもよく洗浄力も強すぎないためシリコンも配合されていない傾向があり、頭皮ケアには最適です。

 

 

 

スッキリ感を出すためにメントールなど爽快感成分をプラス

そのためスッキリ感を出すためにメントールやハッカなどが配合されているシャンプーもあります。

 

男性用だとメントールが配合されている場合もありますが、やはり使用してみるとメントールのスッキリ感はあるけれど洗い上がりのスッキリ感がないため多少の違和感があるかもしれません。

 

 

 

メントール配合のアミノ酸系シャンプー

頭皮 油 シャンプー

 

サッパリしない感じをメントール系で補うのは難しいので、最近では刺激が少ないタイプの洗浄力がアミノ酸系よりも強い酸性石鹸などをベースにしたシャンプーなども出てきています。

 

ベタイン系シャンプーの主な魅力は?

アミノ酸系と並んで低刺激のシャンプーではベタイン系と呼ばれている糖質をメインにしたアミノ酸系シャンプーにも似ていて刺激が少なくアミノ酸系に似ています。微妙に使用感が異なるくらいで、刺激の少なさなど似ています。

 

 

 

アミノ酸系と似ているシャンプー

頭皮 油 シャンプー

 

ベタイン系の方がコスパが良いのが特徴で、容量が多いシャンプーに使用されている傾向があります。アミノ酸系とベタイン系はマイルドなのでシットリしやすい傾向がありますが、やはり価格が市販シャンプーに比べるとかなり高額になるため、洗浄成分でありながら髪をコンディショニングしていく作用もあります。

 

 

 

ベタイン系はトリートメント不要も多い

そのためトリートメントの後にリンスなど使用しなくてもよく、トリートメントも不要であるシャンプーも多いです。脂性や頭皮の臭いが気になる方でもアミノ酸系シャンプーはスカルプケア用のシャンプーでも洗浄成分として使われていることが多いです。

 

新しく出てきたシャンプーではアミノ酸系シャンプーの洗浄成分としてアミノ酸系に加えて洗浄力をプラスするために高級アルコール系などの洗浄成分が配合されていることがあります。

 

 

 

トリートメント不要のアミノ酸系シャンプー

育毛 シャンプー

 

市販シャンプーで使用されている高級アルコール系ではなく、刺激度を少し落としたタイプなのが使用され泡立ちやシャンプーした後のキレ感を出すために使用されている場合が多いです。

 

 

トリートメントとセットでも必要ではない場合がある?

トリートメントなども販売されているケースは非常に多いです。しかしシャンプーの後に必要かというとそうでない場合が多いです。

 

利益的な面と髪に必要かどうかというのは必ずしも一致するわけではないので、トリートメントがあるシャンプーでも、シャンプーの成分上ではトリートメントが不要であることもかなり多いです。