ジアミン系 染毛剤

ジアミン系染毛剤で起こりやすいアレルギー反応など

パラフェニレンジアミンと呼ばれる成分はジアミン系でも特にアレルギー反応が出やすいと言われています。

 

スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックと呼ばれる症状が出たりするのをニュースとかでよく見かけますよね?

 

 

 

ジアミン系染毛剤と髪染シャンプー

頭皮 油 シャンプー

 

パラフェニレンジアミンはこのアナフィラキシーショックと呼ばれる症状が出やすいと言われています。急性のショック症状ともいわれていますが、症状が重篤なケースも少なくないので、注意が必要です。

 

主な症状としては、呼吸困難や粘膜などに対して強い痛みなどが出やすいのが特徴です。

 

 

 

アレルギーなどのショック症状について

アレルギーなどのショック症状は、最初に出るよりも抗体とか耐性とかできた後にアレルギー反応が出た場合には、死亡例などもあるようにアナフィラキシーショックには注意する必要があります。

 

体調とか悪く感じた場合には病院など活用しましょう。

 

 

 

アレルギー反応は免疫システムに関係しているのが特徴

アレルギー反応は免疫システムに関係して必ずしも起きるわけではないと言われていますが、今まで大丈夫だったけど突然なる場合などもリスク面を考慮して安全な製品を使用していくのが一番大切な事ではないでしょうか。

 

ジアミン系染毛剤だけでなく、個人の体質のよって反応がでる成分はありますので、しっかり染毛剤もそうですが、製品を合う際はチェックしてみてください。

 

ネットや折り込みチラシなどを中心とした白髪染めは、トリートメントタイプが多いですが、ジアミン系の染料を使用していないのでアレルギー体質の方でも使用しやすい面があります。

 

 

 

ジアミン系染毛剤以外の染毛料

染料自体が少ないので、染まりにくいデメリットはありますが、頭皮についたときに染みたり、頭皮が荒れたりしにくいのが特徴です。

 

またジアミン系染毛剤では1剤と2剤が分かれていて使用する際に混ぜ合わせたりするため1回きりの使用ですが、白髪染めトリートメントの場合には基本的に1剤と2剤を混ぜないタイプなので使用するのも簡単で楽です。

 

染毛剤や白髪染め後に良いシャンプーは?

ジアミン系の染毛剤やトリートメントタイプの白髪染め後は、どちらも同じですが、色落ちしてほしくなく、色が持続してほしいと思いますよね?

 

 

 

染毛剤使用後のシャンプー

頭皮 油 シャンプー

 

長持ちさせるためにもシャンプーはアミノ酸系シャンプーを使用していくと色が長持ちしやすいです。

 

洗浄力が強いと髪のキューティクルがシャンプー中に開いてしまい、染料が出てしまいがちです。

 

髪を染めた後にアミノ酸系シャンプーが良い理由は?

そのため白髪染めなどした後などは、キューティクルが開く市販系シャンプーでも高級アルコール系洗浄成分や石鹸系はなるべく使用しないほうが色持ちしやすい傾向があります。

 

ノンシリコンタイプのシャンプーであれば、染毛する前に髪に付着してあるシリコンが落ちている状態だと色が入りやすくなります。アミノ酸系シャンプーはノンシリコンが多いので、頻繁に染毛する場合には、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使用していくのが無難に良いです。

 

 

ジアミン系染毛剤は頭皮につかないようにしましょう

元々頭皮が脂っこかったり臭いが気になる方は白髪染めでもジアミン系の染毛剤を使用する際は頭皮につかないように使用していくのが大切です。

 

極力頭皮にダメージを与えないようにしていきましょう。