頭皮 馬油シャンプー

頭皮ケアや皮膚のケアに最適な馬油の特徴

馬油を配合したシャンプーがスカルプケアを考えた方に人気になっています。

 

馬油は日本では古来から使われていた成分です。それはシャンプーではなく民間の治療薬として主にやけどや切り傷などの治療に使われてきました。そのため殺菌作用と保湿作用など皮膚を含めた頭皮に相性が良いのです。

 

 

 

頭皮ケアに良い馬油

頭皮 油 シャンプー

 

馬油には不飽和脂肪酸と呼ばれる善玉の脂肪酸が豊富で、血行を促進する作用もあることからシャンプーにも配合されています。

 

馬油自体しっかり生成されたものであればクリームとしても活用できますし、馬油100%であれば口の中のケアにも使える肌に優しい成分です。

 

 

 

 

 

馬油は頭皮ケアと髪の艶の両方をもたらしてくれる

馬油は頭皮環境の改善に役立つ、頭皮ケア目的として良い成分ですが、同時に不飽和脂肪酸であるため植物性オイルであるオリーブオイルなどは髪に艶を与える成分でもあります。

 

馬油は髪に艶を与える成分でもあるので、頭皮環境と髪の艶など両方に効果があるんですよね。

 

髪の艶に良い馬油

頭皮 油 シャンプー

 

人間の皮脂の構成と馬油は似ていることから植物性オイルよりも肌なじみが良いので、浸透が速いという特徴があります。

 

シャンプーとして配合してもクリームとして活用しても使い勝手が良く、なおかつ価格も安く、成分として非常に良いという三拍子そろった成分です。

 

 

 

 

 

馬油を配合したシャンプーが油っぽい頭皮の臭い解消に良い理由は?

馬油が配合されたシャンプーは頭皮ケア以外にもシャンプー自体にも影響を与えることがあります。

 

肌なじみが良いという頭皮にメリットがありますが、スカルプケア向きであるとノンシリコンシャンプーであることが多いです。

 

 

馬油と脂性の関係について

頭皮 油 シャンプー

 

ノンシリコンシャンプーの場合にはシリコンが入っていないので髪がきしみます。

 

 

 

 

ノンシリコンシャンプーのきしみ緩和にも役立つ

しかし馬油が配合されていると元々は油分なので指どおりが良くなる傾向があります。そのためノンシリコンシャンプーのきしみ緩和にも役立つんです。

 

頭皮ケアで臭いケアを考えている方は頭皮の皮脂量のバランスを改善するのも効果的ですが、皮脂量のバランス以外にも皮脂の中の部分のバランスを改善するので、皮脂内の不飽和脂肪酸が増えやすくなります。

 

頭皮 油 シャンプー

 

飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が増えると臭いやすくなるので、逆に不飽和脂肪酸の割合が増えれば、臭いが減ってくるという考え方です。

 

頭皮の臭いをケアする場合には馬油を配合したスカルプシャンプーでもアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーを使用していくと馬油の良さを実感できるでしょう。